1. Home
  2. Microport
  3. Message

MicroPort CRM Japan

Message

代表挨拶

WHO(世界保健機関)が2000年に「健康寿命」の概念を提唱して以来、いかに健康で自立した生活ができる期間を延ばすかに関心が高まっております。65歳以上が4名に1名を占める高齢社会となった日本では「健康寿命」に貢献していく事が益々重要になってきております。 弊社はフランスに本社を置き、心臓ペースメーカー、植え込み型除細動器(ICD)、心不全患者様向け両心室ペーシング機能付き植え込み型除細動器(CRT-D)などにより70年以上に渡り不整脈治療に貢献してきたグローバル企業です。弊社はフランス人の技術者達が創った会社で、「患者様のQOL(Quality of Life生活の質の略)とADL(Activities of Daily Living日常生活動作の略)の向上」を目指しております。弊社の患者様指向の製品創りの思想は医療に求められている方向性に合致しており、日本人の小柄な患者様にも適する、他社と比べても非常に小さい製品サイズや、機器の植替え頻度が少なくて済む長い電池寿命などに現れております。

弊社製品は本邦でも30年の歴史があり、約13万名の患者様の治療に貢献して参りました。2018年8月より、弊社は日本マイクロポートCRM株式会社として生まれ変わり、2019年9月からは日本の医療にさらに貢献していくべく自社組織での事業を開始いたします。不整脈治療では定期的な患者様のフォローアップが欠かせないため、患者様や医療関係者の皆様の負担も大きい分野です。弊社では製品の安全かつ適正な使用方法を広めるための活動と共に、患者様や医療関係者の皆様の負担を軽減する仕組みに変えていく事に力を入れて参ります。

代表取締役社長 清水 昇